グラフィックデザイン|大岩 正志を代表とするデザインオフィスONE MAN SHOWを1998年に設立|東京デザイン|大岩 Larry 正志
大岩 正志を代表とするデザインオフィスONE MAN SHOWを1998年に設立。
「野球」をテーマに制作活動を続け、2003年にNIKEのスポンサーによる「ベースボールユニフォーム展」を開催。
2008年には埼玉西武ライオンズの交流戦用ユニフォームをはじめとするビジュアルをデザイン。
その他、ヨシモト∞・キングオブコント・BoAのツアータイトルなどのロゴ・プロ野球名球会Tシャツ・DJ OZMAのwebサイト
NIKE iDのweb用フラッシュ・ サザンオールスターズファンクラブ「SAS応援団」のビジュアル、
札幌パルコ新館内装グラフィックのデザインなどを手掛ける。
2003年度朝日広告賞大賞受賞。
また大岩 正志は「Larry」として、アニメ「The World of GOLDEN EGGS」ではボイスアクターとしてアドリブっぷりを発揮。